屋上緑化で地球を救う!?二酸化炭素を酸素に

太陽光を利用した屋上緑化

屋根に太陽光パネルを設置して無料の自然の太陽の光を電気に変換して自宅で使用するというエコな住宅も多くなっています。限りあるエネルギー資源において、それに頼らず自らエネルギーを作って利用する動きが、個人レベルで活発化してきています。このような動きと同時に、最近では二酸化炭素排出量を減らし地球温暖化防止に向けて取り組む必要もあります。その個々人レベルの対策として、屋上緑化に取り組む企業やビル会社も増えてきています。

地球温暖化を防止する機能も

例えば都心にあるビルの屋上に花壇をつくり花や野菜を栽培する企業もあります。またビル全体に蔦を絡ませたりします。植物は二酸化炭素を吸収して酸素を排出するので、例えば夏場に多くの企業ではエアコンを稼働させて二酸化炭素を排出するので、それらを酸素に変換することができます。二酸化炭素を排出すると温度が上昇するために、二酸化炭素を減らすことで温度上昇を防ぐことができます。屋上緑化には地球温暖化防止の効果があります。

太陽光と屋上緑化とのかかわり

またビル全体に蔦等を絡ませることで、ビルに当たる直射日光を避けることができます。それにより建物自体の温度上昇を防ぐことができます。建物自体の温度上昇を抑えることにより、入居者が使用するエアコンの温度も高く設定することができるために、二酸化炭素の排出量を抑えることができて、それにより地球温暖化防止につながります。太陽光はエネルギー源確保で重要であると同時に、屋上緑化で緑を育てることによる地球規模での自然環境の取り組みには必要なのです。

特に都会で、屋上緑化が人気があります。庭を造るスペースがなくても、癒やしの空間でくつろぐことができます。