少しでも高く売りたいんだけれど、気を付ける事ってある?

思い立ったが吉日って言いますよね

売り時がわからない!という人は、とにかく売りたくなったら売った方がいいですよ。古い衣類はアンティーク的な価値のあるものもありますが、それくらいの価値が出るほど古い衣類を持っている人はそうはいないでしょう。服には毎年のように流行がありますから、その時の流行が過ぎないうちに売っておかないと、価値はどんどん下がります。つまり、もう着ないなら早めに売らないと買い取り価格がどんどん下がることになりかねないんです。

最低限きれいにしておく

買取査定に出した服があるとします。きれいに洗ってある状態と、ほこりまみれでよれよれの状態だった場合、どちらが高く買い取ってもらえるかというと、前者の方なんです。だから、押し入れの中で何年間も放置あったりして汚れがある場合は、部分用洗剤で汚れている部分だけでもきれいにしておいた方がいいですよ。売りたい服があればあるほど面倒になりますが、このちょっとした手間が査定額アップにつながると思ってファイトです!

付属品やタグも見て!

中古品を売る時の基本ですが、本体と一緒についてきたものはなるべくまとめて査定に出すことです。服によっては付属品の有無が査定額にかなり影響することも…。とっておきたいのは、洋服が入っていた時のケースや袋、ギャランティカードなどです。決まった場所に保管しておくと探す手間が省けますよね。衣類に縫い付けられているタグがないと買い取り拒否されることも多いので、基本的にタグ類は切り取らないようにしてくださいね。

古着の買取はリサイクルショップやオークション、宅配買取など様々な方法がありますが子供服やブランド品は専門店へ持ち込むほうが高く買い取ってもらえます。